ETCカードの使い方といっても難しいことはありません。
準備するものとしてはETCカードと車載器。
単純に言ってしまえば、たったこれだけです。

ETCカードは書くクレジット会社で作ることができます。
通行料をクレジットで支払います。
クレジットカード会社から発行されたETCカードを原則、本人のみが利用できます。

たとえばETCカードを持っていれば、友人の車に乗った場合でも車載器あがれば自分のETCカードを利用して支払いができるという仕組みになっています。
もちろんクレジットカードを利用しますので審査があります。
20歳未満の方は親御さんの同意でその方名義のクレジットカードを作ることができます。

車載器はただ取り付ければいいということではなく、料金所との無線交信のためのセッティングが必要となります。
このセットアップは、やはりディーラーや車用品専門店などの業者に行ってもらう方がいいでしょう。

ETCカードと車載器の取り付け、セットアップが終われば、ETCシステムの利用ができるようになります。