ETCカードを利用できるようになってから多くなった事故があります。
それは、料金所で停止しなくてもいいからといってスピードを緩めずに料金所ないへ進入しバーにぶつかってしまったり、前を走っている車がETC未搭載車だったため料金所内で停止し、追突してしまうなどの事故です。

また係員が何らかの理由がありETCレーンを横断するということもありますので、レーンに進入する際には「いつでも停車できる速度、つまり時速20キロメートル以下」にすることが絶対必要です。

また案外多いのが車載器にETCカードを挿入していない、入れ方が不完全で開閉レバーが開かずバーに追突してしまう場合があります。
最近は挿入が不完全であったり挿入されていない場合、レーンに入る前にETCカードが挿入されていませんとか警告音が鳴るなど、知らせてくれるようになりましたが、挿入の際、しっかり入っているかどうか、確認が必要です。

ETCで料金所をストップすることはありませんが、速度を十分に落とす必要があるので車間距離をしっかりとるということも必要ですよ。