ETCカードを車載器に差し込んだまま使っている人がいますが、非常に危険な行為です。

2つの点から、つねに携帯することをおすすめします。

■盗難防止と誤作動防止のために携帯を。

「ETCカードは携帯しないといけない」というのには2つの意味があります。

1つは防犯上・盗難防止のためです。

そしてもう1つは、ETCカードは熱に弱いということからです。

とくに真夏の車内は、駐車場によっては車内温度が簡単に60度以上に達してしまうことが良くあります。

小さな子供を車内に置き去りにして熱中症にさせるといった事故が多発していますが、車内温度は思いの外急激に上がります。

このとき、車載器にETCカードを差し込んだままでいると、システム回路の誤作動によって、登録されている情報が壊れる可能性があります。

■盗まれたETCカードは高速道路で乱用される。

一方で、ETCカードの盗難も多発しています。

車載器には車の情報しか登録されていませんが、ETCカードには個人情報が詰まっています。

これを盗まれてしまうと、ショッピングカードを悪用されるのと同様に、ETCカードを使って高速道路を他人に走られてしまいます。

後日、記憶にはまったくない莫大な請求額が送られてくるなどの被害にあいます。

また中の情報を抜き取って、偽造カードの作成にも使われます。

請求はETCカードの持ち主に届きます。

■ETCカードだからと軽視するのは危険です。

盗難にあわないように、高速道路を利用するときにだけ差し込み、そうでないときは携帯しましょう。

ETCカードだけではなく、個人が所有するカードは個人情報のたまり場です。

これを悪用すれば、際限なく応用できてしまうので紛失手続きも二重三重に手間がかかります。

そうならないように注意しましょう。